血流が良くなる食べ物でホントに血がサラサラになるのか実験してみました

健康診断の結果が予想以上にヤバイことに

毎年会社で受ける健康診断の結果は今までは全然気にしてませんでした。

でも今回は少し気になる事もあってマジメに結果を読んでみました。

「あれ??? ひょっとしてこの結果ってかなりヤバイ???」

 

血糖値のところも高いけど、もっとヤバイのが血中の脂質のところで、 LDLコレステロールが基準値60~119mg/dL に対して145って結果です。

「血の中に脂が多すぎるってことだろうか・・・。」

「血流が悪くなったら、心筋梗塞である朝ぽっくりなんてことになるのかも知れない。」

 

最近運動不足でお腹も出てきたと思ったら、血流まで悪くなってるという現実に少し落ち込みました。

タバコを吸ってると血管が詰まりやすいってテレビでも言ってたので、心筋梗塞でぽっくりも可能性はあります。

だからと言ってタバコをやめる自信は全くありません(過去に禁煙を3回失敗)。

「よし血流改善から始めてみよう!」

血流が良くなる食べ物を調べてみました。

LDLコレステロールを下げるために良いとされてるのは食事、運動、節酒、禁煙です。

運動もやったほうがいいんでしょうけど、毎日残業で帰りが遅いので無理です。

お酒は仕事の付き合い程度でしか飲んでいないので、私の場合お酒を減らしてもあまり効果はないと思います。

タバコも無理となると、一番見直しやすいのは消去法で食事です。

そこで血流が良くなる食べ物を調べてみました。

 

植物油

植物油なら何でもいいというわけでもなく、コレステロールを下げる効果があるのはコーン油、ベニバナ油、オリーブ油、米油、小麦胚芽油です。

よくスーパーで売られてるサラダ油は各種油のブレンドなので中身の成分を確認しないと正直わかりません。

 

青魚

コレステロールを下げる食べ物の代表格ですね。主な魚はマグロ、サバ、ハマチ、サンマ、ブリ、うなぎ、イワシ、アジ、ニシン、カツオ、サケです。

さらに青魚にはEPA・DHAといった中性脂肪を下げる働きもあるので今大注目の食べ物ですね。

干物は一夜干し程度のものを、油ごと食べられる調理法が理想です。

 

βカロチンを含む野菜や果物

春菊、にら、小松菜、にんじん、ほうれん草、菜の花、チンゲン菜、などに多く含まれているβカロチンは LDLコレステロールの酸化を防ぐ効果があるので、動脈硬化を防ぐ効果があります。

βカロチン自体は加熱したほうが吸収されやすくなりますが、ビタミンCやEは熱に弱いので生で食べるほうがいいようです。

 

食物繊維

まず食物繊維が多い食品は納豆、おから、そら豆、切り干し大根、いんげん、とうもろこし、小豆、ひじき、枝豆、キウイフルーツ、かんぴょう、りんご、かぼちゃ、さつまいもなどです。

食物繊維はコレステロールを下げる働きの他に動脈硬化や脂質異常症、高血圧症、胆石症を防ぐ効果もあります。

食物繊維には水に溶けるタイプと溶けないタイプがありますが、どちらの食物繊維もコレステロール低下には必要ですのでなるべく多くの種類の食物繊維を摂るのがいいようです。

 

血流が悪くなる食品

今度は逆に血流が悪くなる危険な食べ物も調べてみました。

コレステロールを多く含んでいる牛肉や豚肉の脂身、レバー、バター、生クリーム、ラード、魚卵、コンビーフ、ウインナー、ベーコン、まるごと食べる小魚などがその代表格になります。

鶏卵も特に卵黄はコレステロールが高い食べ物の代表ですが、卵を1個食べるくらいなら必要な栄養という意味でむしろ食べたほうがいいそうです。

意外なのが「まるごと食べる小魚」ですね。カルシウムを摂るのにはいいと言われてますがコレステロールが高い方には要注意です。

牛肉や豚肉の場合は脂身がダメなので、なるべく脂身の少ない部位の肉を食べるようにしましょう。モモやヒレが脂身が少なくて、バラはだめということになりますね。

 

食生活は改善しましたが

色々調べて血流を良くする食べ物と悪くなる食べ物の知識はバッチリです。

でもね、ほとんどの方がそうだと思うんですが、毎日三食をきちんと規則正しく食べるのがまず難しい。

晩御飯は仕事のせいでいつも遅くなりますし、遅い時間からたくさんの種類の料理を食べるのは太りそうです。

何よりカミさんにそんな手の込んだ調理をお願いするのもちょっと難しい。

というわけで出した結論・・・サプリで血流を改善してみようと思い色々調べて「きなり」を飲むようになりました。

 

なぜ「きなり」を選んだのか

LDLコレステロールを下げたり、中性脂肪を下げるのに青魚に多く含まれるEPA・DHAがいいというのは有名です。

魚は好きだし食べることに何の抵抗もありませんが、魚の油の中に含まれるEPA・DHAを効率よく摂取するのは実際難しいです。

焼き魚だとグリルの下に油も落ちますし、煮てもやっぱり油は溶けだしてしまいます。

毎回お造りばかりというわけにもいかないので、サプリでいいのがないか探して見つけたのが「きなり」でした。

15日間の返金保証って書いてあるんですが、15日で効果が実感できるわけないのになぁと思いつつもそんなに高くないからいいかと思って購入。

 

飲み比べた訳じゃないのでわかりませんが、きなりは魚油の独特のにおいがしません。

他のサプリだと匂いがきつくて続けられないという声もあるそうです。

魚油のにおいと言えば魚を焼いた後、グリルの天板に溜まるあのドロドロのにおいです(笑

確かにあのドロドロの匂いがするサプリは毎日飲むは無理でしょう。

その点「きなり」はホントに匂いがないので全然気にせず毎日飲めますよ?

不思議なことにげっぷも臭くないです(笑

さらに血栓予防に効果があるナットウキナーゼも入ってるので血液サラサラ効果がさらに期待できます。

「ナットウ」っていうくらいだから納豆の中に含まれる成分ですが、これも毎日食べるのはちょっとキツイですから・・・。

 

きなりを飲みだして感じること

きなりを飲みだして、今でだいたい2、3ヵ月になります。

来年の健康診断までにはまだまだ時間があるので、数値が改善されているのを期待しながら毎日飲んでます。

飲み始めて一番実感できたのは以前より疲れにくくなったことです。

仕事で遅くなる日が続くと、寝ても疲れが全然取れないってことがよくありました。

横になっててもしんどいというか、週末にたっぷり睡眠をとってもまだ疲れてる感じがありました。

でも「きなり」を飲みだしてからは翌朝はちゃんと起きれるようになりましたし、疲れもほとんど感じなくなりました。

血液がサラサラになってきたのかなぁって自分なりに分析して喜んでます。

 

次の健康診断を楽しみにしながら、もうしばらくは「きなり」を続けるつもりです。

>>きなりの詳細をみる<<